にしじま眼科

京都市中京区の眼科,白内障手術,ドライアイ にしじま眼科

〒604-0837 京都市中京区東洞院通り二条下ル瓦之町391
シンフォニア御池 5階
TEL 075-231-6003
▲Mobile Site
トップページ»  多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を実施しております。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険適応外診療となりますが、当院は厚労省が定める先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設ですので、医療保険の先進医療特約でカバーされます。

通常、白内障手術の際に挿入する単焦点眼内レンズは一点しか焦点が合わないため、遠くに焦点が合っている場合には近方用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。多焦点眼内レンズは従来の単焦点眼内レンズと異なり、近くの物と遠くの物の両方にピントを合わせることができます。眼鏡をかける煩わしさをなくす事を目標に開発されたレンズです。手術方法は単焦点眼内レンズを用いたものと変わりありません。不正乱視の方は適応にならない場合がございます。

レンズの特性上、複数の焦点が合うため単焦点レンズに比べると、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見える現象(グレア・ハロー現象)を自覚される場合があります。

ご興味がある方は当院にお問い合わせください。

 

​テクニスシンフォニーオプティブルー(Abbott社)
                


テクニスシンフォニーオプティブルー(TECNIS Symfony OptiBlue)はAMOの回折技術により焦点深度を拡張し、遠方から中間・近方まで視力の落ち込みが少ない自然で鮮明な見え方を提供する新しい多焦点眼内レンズです。構造は後面が回折機構、前面が非球面となっているアクリルレンズで、瞳孔の大きさで見え方が左右されることはありません。今までの多少点眼内レンズの欠点であったコントラスト感度の低下やハロー・グレアー現象を抑制できるように工夫された設計になっています。

読書するときは軽い老眼鏡が必要にはなりますが、遠方・中間距離の見え方は優れています。また乱視矯正用のレンズも用意されているので、もともと乱視のある方でも良好な裸眼視力が得られます。

 

テクニスマルチフォーカル(Abbott社)

テクニスマルチフォーカルは全面が回折機構で光配分量が遠近折半となるので、瞳孔の大きさで見え方が左右されることはありません。透明レンズのため、他社の着色レンズと比較すると暗い所でのコントラスト感度の低下が少ないと評価されています。

近く用のレンズの加入度数は(遠方レンズとの差)+4D、+3.25D、+2.75Dの3種類あります。+4Dは読書や編み物など近距離を重視される方に、+3.25DはPC作業や料理など近中距離を重視される方に、+2.75Dはスポーツや買い物など中距離を重視される方に適しています。シンフォニーに比較すると中間距離の視力は劣ります。遠方と近方の視力を重視される人向きです。